読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大手広告マンの教える、広告のノウハウを使って、人生を豊かにするBlog

就活・仕事から、飲み会や結婚式の企画まで。大手広告代理店の広告マンが考える、広告制作・マーケティングのノウハウを、人生の様々な場面で活かす方法です

「もっと考えろ!」って言われるけど、考えるって何?

f:id:shin-chani:20160605195037j:plain

 こんにちは、ちゃにおです。

 

突然ですが

「もっと考えて!」

と、言われた経験、もしくは人に言った経験、ありませんか?

  • 仕事のミスで、上司に叱られているとき
  • しっかりしていなくて、妻から怒られたとき
  • もやもやと、何かを悩んでいるとき

「そうですね、すいません・・・」といって、その場はやりすごせるけど

「考えるって、どうやったら出来んだよ!」というのが本音でもありました。

 

僕自身、こんな感じで「考えが足りない」と言われた経験が多く、「自分は考える力がないから、考えられる頭のいい人とは違うんだよ・・・」とひねくれてた気持ちになったことがあります。

 

だけどふと、「あれ、確かに・・・考えるって、何なんだろう?」と興味が湧き、”考える、について考える”ようになりました。

 

 

そんな僕でしたが、それから約2年がたった、今

 

 

先日の人事評価では、ある偉い方から「ちゃにお君は、深く考えられる才能がある」と褒めて頂きました。以前より、少しは考えられるようになったんだ、と確かに実感しています。

 

ただその一方で、

新入社員に対して「考える力が弱いなぁ」と思ったときに、この「考える」について、指導をすることに苦戦しています。

「考える」について、簡単に伝えることが難しかったんです。

 

これはもしかしたら、私に「もっと考えろ!」と言っていた上司も同じように苦労したのではないか、と思いました。

またもしかしたら、多くの人が「考える」についてちゃんと説明できないのかもしれません。

 

後輩に「考える」って説明するときにどうしたらいいか・・・

それらしい本を探してみよう、と思ったのですが、

「まずは自分の頭で、考えるについてどう説明すればいいか、自分なりに考えてまとめてみよう」と思い、ブログを久しぶりに書くことにしました。

 

これから、この「考える力」について、いくつか記事を書いていこうと思います。

 

あなたは

「考える」ってなんだとおもいますか?

「もっと考えて」の代わりに、なんといいますか?

 

以上、ちゃにおでした。